疲労・痛み対策

ぎっくり腰が解消!ロードバイクに乗り始めてからは調子いい!

ロードバイクを始める前は、運動不足でメタボ体型だった上に、年に1回か2回はぎっくり腰に悩まされていました

ぎっくり腰になるきっかけが、くしゃみだったり、車に乗る瞬間だったりと自分ながら情けない思いをしてきました。

何か運動をと思い、ウォーキングやジョギングなども何回かしたものの・・・・面白くないので続きません。そもそもジョギングは着地の衝撃が腰に悪い!

ロードバイクを始めてから5年近く経ちますが、一度もぎっくり腰になっていませんぎっくり腰が解消されてます!

ロードバイクは腰に悪そうだけど?

ロードバイクの姿勢は前傾姿勢で、いかにも腰に負担が掛かりそうな乗り物です。一見腰にも悪そうな感じですが、実際はどうでしょうか?

始めのころは、1時間以上乗っていると腰が痛く(怠く)なってくることが多かったです。

だって、

①ロードバイクは前傾姿勢で乗るため、上半身を腰で支えている。⇒腰の負担が大きい

②その姿勢で長時間走る。 ⇒ どんどん腰が痛くなる

と言う具合に、確かに腰への負担は大きいのは事実です

スポンサーリンク

なぜぎっくり腰が解消された?

腰への負担が大きいのになぜぎっくり腰が治ったのでしょうか?

簡単に言うとロードバイクで腰回りの筋肉が鍛えられて、ぎっくり腰の予防になっているということです。

腰が痛いときや、重い荷物を持つときはコルセットをしますよね?

あのコルセットの役目を、腰回りの筋肉を鍛えることで同じ効果が得られます。

ロードバイクの前傾姿勢は、体幹トレーニングそのものです。

体幹トレーニングで有名なプランクと言うのがありますが、その姿勢で自転車に乗っているような感じになります。

どうです、似てますよね?

当然プランクのように辛くはないですが、ロードバイクに乗るだけで体幹トレーニングになっているのです。

また、ペダルを漕ぐ言う動作は、ペダルを踏むと同時に太ももを上げる動作も行います。この太ももを上げる動作は、要腰筋を使うことに繋がります。

出典:www.matsuehari9.net

腰痛の原因のひとつとして、この腸腰筋が硬くなっていることがある様です。デスクワークや長距離運転など長時間座っていると、腸腰筋が硬くなり、腰痛を引き起こすらしいです。

また、腸腰筋は鍛えることで姿勢を安定させたり、下腹部のダイエットにも効果があります。

そのため、自転車に乗るだけで、

・体幹トレーニング

・腸腰筋を鍛える

ことができるのです。

すなわち

自分の筋肉をコルセットの様にできるので、ぎっくり腰の予防になる!!と言うことです。

ロードバイクは高価だけど、それだけの価値はある!

実際、ロードバイクに乗り始めの時は、腰が痛くなって少し不安な面はありました。

しかし、徐々にロードバイクの姿勢にも慣れて来ると同時に、

ポッコリお腹にくびれが!!20代の頃のお腹に戻ることが出来ました!!

その後は、ぎっくり腰の恐怖に怯えることなくなりました。ぎっくり腰はやった人にしかわからない痛みと、一度発症すると数日間は地獄の日々です。

ロードバイクは高価ですが、趣味としてもおすすめですし、その上健康にもいい!

本当にロードバイクを始めて良かったとシミジミ思います。

ぎっくり腰の恐怖

ぎっくり腰になったことがない人に、ぎっくり腰になると

じっとしてても、痛いし、寝返りしても痛い!

とにかく地獄です。

傍から見るととっても滑稽に映る様で、嫁・子供は自分の姿を見て笑ってますが、本人は本当につらいです(´;ω;`)。

特に、出先でなったときは本当に災厄です。じっとしているだけでも辛いのに、何とか家まで帰らなければなりません。

何とか腰が痛くない姿勢を保ちながら歩くので、かなり怪しい人になってしまいます。

もう二度とぎっくり腰は御免です。

まとめ

ロードバイクはぎっくり腰に利く理由は?

・前傾姿勢が体幹トレーニングとなる。

・ペダリングは腸腰筋を鍛えることができる。

結果:筋肉がコルセットの役目となりぎっくり腰を予防する。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ご~さ
1974年生まれ。40歳間際からロードバイクに目覚めて、メタボ体型を脱却。ロードバイクの情報や日々の生活についてあれこれ書いていこうと思います。