機材・アイテム紹介

ロードバイク 巡行速度UP!静電気抑制+撥水効果のあるTWC!

ロードバイクで巡行速度を上げるには、空気抵抗との闘いとなります。速度が上がれば上がるほど、空気抵抗が大きくなっていくので、より多くのパワーを出すか、空気抵抗を減らすことが必要となります。

パワーを上げる・長時間維持するにはトレーニングにより自分を鍛える必要があります。一方、空気抵抗を減らすにはフォームの改善や機材の変更も効果が大きいですが、代表格のディープホイールなどの高額なパーツとなります。

そこで少しでも安価で効果があるものはないか?というのが今回の記事の本題です。記事の内容としては、静電気を抑制してくれるツーウェイコート(TWC)と言う商品を試してみたので紹介します。

実験の結果は、動画でも紹介しています。

静電気抑制により巡行速度アップできるのか?

自動車では、あのトヨタがお手軽なチューンとして、アルミテープを車に貼り付けるのが有名です。原理としては、アルミテープを貼ることで静電気を除去し空気の剥離(乱流)を抑えて空力特性を良くすると言うもの。

流石にロードバイクにアルミテープはちょっと見た目に抵抗があります。アルムテープ以外に同じような効果を発揮するものがないかか探すと、塗るだけで静電気抑制効果のあるツーウェイコートなるものを見つけました。おまけに、撥水効果もあるのでガラスコーティングのメンテ材としても機能してくれる優れもの。

しかも、送料込みでも2600円ほどで車3台分に施工可能な安価のものです。

先にレビューの結果をまとめると

  • 静電気抑制効果は抜群。
  • ロードバイクでも高速巡行時は確かに楽かも!
  • メンテ後に仕上げに丁度良い!

結論:静電気抑制効果で巡行速度が上がる可能性大!

それでは詳細を説明していきます。

静電気抑制の効果確認実験 掃除機編

静電気の抑制効果がどれ程か?掃除機を使って実験してみました。

コンビニで買い物した時の袋を細かく切って、サイクロン式の掃除機で吸い取ります。その時に、サイクロンのところでビニール袋の断片が何もしない場合とツーウェイコートを施工した場合で違いがどれくらいでるのか比較してみました。

何もしない状態から確認!

まずは、何もしない状態を見ていきます。コンビニの袋をハサミで切って、掃除機で吸い取ります。掃除機は事前に綺麗に掃除してから実験を開始しています。

コンビニで貰ったビニール袋を細かく切って掃除機で吸い込む!

ビニール袋を吸いこむと、サイクロンが発生する壁面にビニール袋が付着しています。間違いなく静電気が発生していますね!

ツーウェイコートを施工!

ツーウェイコートは施工していきます。施工はとっても簡単です。容器をよく振ってから吹き付けて、クロスで拭き上げるだけ。

ツーウェイコートを掃除機のサイクロン部へ吹きかけて

 

クロスで拭きとって完了!

再度、同じようにビニール袋の断片を掃除機で吸い込みます。結果、明らかにビニールの付着が激減しています!

ビニールが壁面に付着する量が激減!

何もしていない状態と比較すると、壁面に付着するビニールが激減しています。下の写真は掃除機を横にしているのですが、ツーウェイコートを施工している方は、ビニールが下に落ちるのがわかります。

比較すると一目瞭然!

実験の結果:確かに静電気は激減している

ロードバイクへの施工

ロードバイクの場合、自動車と比べ速度は圧倒的に遅いですが、果たして効果があるのか?試してみました。

施工したポイントは、フレーム全体、およびホイールヘルメットゴーグルの樹脂部分にはほぼ全部施工してみました。

ロードバイク・ホイール・ヘルメットともにガラスコーテイングをしているので、ツーウェイコートを施工することでピカピカになります静電気を防止してくれるので、埃などの付着も防止してくれる優れものです。

関連記事➤ピカピカレインでロードバイクを傷・汚れから守れ!最強ガラスコート

ツーウェイコートを施工後。フレームは光沢が出てきます!

実走レビュー

スポンサーリンク

施工後に、ロングライド系のイベントへ参加してきました。イベントなので、60㎜のディープホイールを装着して参加してきました。

走った感想ですが、平地、下りは明らかにスピードの伸びが上がった感じです。平地では、周りの方と比べても、速度の伸びが良いのを感じました。特に下り坂はスリップを外しても、前の人に楽に追いつくことが多かったので、ツーウェイコートの効果が少なからずあったのではないかと思います。

特に、ホイールの上死点側では、空気との相対速度が上がるので静電気が抑制効果が出ているように思います。気持ち自転車の安定性も増したように思います。(乱流が少なくなったのか?)

結果、いつもより平地はとても楽に走ることができ、巡航速度もいつもより若干速くなりした。(風向きなども影響するので、数字で言うのは難しいですが。)

実験の結果、静電気抑制効果は確かなので、空力的な効果はあるはずです。実際どの程度あるのかは、難しいですが個人的には少なからず感じることができました。

どんな人におすすめか?

ツーウェイコートですが、低価格なので気軽に使用できるアイテムだと思います。効果は3か月程度続くようなので、1本あれば当分無くなりそうにありません。

特におすすめなのが、ガラスコーティングを施工している人には、コーティングのメンテナンス剤として活用できるので、綺麗好きの方にはおすすめです。

まとめ

この手の商品は本当に効果があるのか目に見えにくいものが多いですが、このツーウェイコートは実際自分で実験してみた効果を確認できました。

実走でも、速度の伸びが良いのを感じた。自分の中では、ロードバイクを綺麗にした後の仕上げにこのツーウェイコートが定番になりそうです。

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
ご~さ
1974年生まれ。40歳間際からロードバイクに目覚めて、メタボ体型を脱却。ロードバイクの情報や日々の生活についてあれこれ書いていこうと思います。