その他

【OPPO RENO A!】サイクリストにおすすめ機能が盛沢山!

皆さんスマホにお金掛けてますか?私自身は、ロードバイクのパーツにはお金を掛けますが、iphoneなど高額なスマホには中々手がでません。

格安SIMで格安スマホを使うことが多いのです。先日、ロードバイクに乗っている時に、胸のポケットからスマホが落下し、カメラのレンズが破損(´;ω;`)。仕方ないので、新しいスマホを物色し、なかなか良いスマホを見つけました。

OPPO RENO A!

指原莉乃さんがCMしているので、結構有名ですよね。格安スマホでおサイフケータイ機能もあり、しかも防水。カメラ機能もそこそこと言うことでロードバイク乗りには適したスマホだと思います。

実際に使ってみたOPPO RENO Aをレビューを紹介していきます!

OPPO RENO Aの概要

ざっと主要な仕様とサイクリスト目線でまとめてみると、以下の様になります。

サイズ 約158.4 x 約75.4 x 約7.8 (mm) 冬用ウエアの胸ポケットにギリギリ入る大きさ
画面サイズ 6.4インチ(有機EL) 屋外でも見やすいのでサイクリストにはとっても嬉しい!
メインカメラ 約1,600万画素/約200万画素 広角は無いが、AI搭載でなかなか綺麗に写真が撮れる!
CPU Snapdragon™ 710 道端で止まってから処理が早いので素早く写真を撮ったりできる!
バッテリー 約3,600mAh ロングライドでも安心。
防水・防塵 IP67 夏場に水を被っても大丈夫!
おサイフケータイ 対応 自販機など小銭から解放される!

これで価格は3万円台なのでかなりコスパが良いのが特徴です。

 

サイクリストにうれしい機能が盛沢山

ロードバイクに乗っていて私なりに欲しいと思う機能は以下の3つだと思います。

  1. カメラ機能
  2. おサイフケータイ機能
  3. 防水
  4. コスパが良いこと!

①~③は機能面で欲しいもので、尚且つコスパが良いことが条件になると思います。これらの機能がOPPO RENO Aの使い勝手について紹介していきます。

①カメラ機能について

適当に撮影した写真をいくつか紹介します。

 

ポートレート機能で撮影した写真

 

素人目には細部まで結構綺麗に撮れてる

 ロードバイクは遠くに出かけて、眺めの良いシチュエーションに出くわすことが多いので、カメラ機能はそこそこ欲しい。普段の練習コースでは、そんなに写真を撮ることはありませんが、イベントなどで初めて訪れる場所では、写真を撮りたくなりますね。

OPPO RENO Aは、最近のハイエンドモデルのスマホの様に超広角や、望遠機能はありませんが、あれこれ考えずに写真を撮れるのは気に入っています。しかも、AIでシーンを自動に判別してくれるせいか、簡単にしかもそれなりの写真が撮れるので気に言っています。また、ロードバイクは朝早くから、夕暮れ時まで様々な時間帯で乗るので、暗くてもそれなりに写真が撮れるのは評価が高いポイントです。

もう1点は、素早く取り出してすぐに起動してくれるのがうれしいポイント。パッと止まって、さっと写真を撮って、または走り出すと言ったことがスムーズにできる点は、処理速度が速いと感じています。(比較対象はHuaweiのP20lightですが)

また有機ELなので日中日が当たるところでも画面が明るくて見やすいのもいいですね。下の写真は、サイコンと一緒に撮ってみましたが、見えにくいと言ことはありません。

日中日が直接当たる場面でも、見やすい!流石有機EL!

②おサイフケータイ機能

カメラの次におサイフケータイ機能がサイクリストにとってはうれしい機能です。格安スマホではなかなか搭載されていないことが多いのですが、このOPPO RENO Aにはおサイフケータイ機能が付いています。

ロードバイクは自販機にお世話になることが多い。特に夏場の練習では、30分に1本飲むなんてこともざらにあります。とにかく、自販機での消費が多いのなんのって!

そんな時に困るのが小銭です。小銭を沢山持ってるのは嫌ですし、かといってお札を持っていてむしっかり防水しておかないと汗でべとべとになり、自販機に投入できないなんてことも(;’∀’)

すべての自販機がおサイフケータイ対応ではないですが、もっと普及してくれればいいのですが、小銭レスで快適なのですが。

おサイフケータイ対応でなくても、最近はCOKE ON PAYなどの対応している自販機も増えていますが、絶対的に必要なわけではないですが・・・

③防水機能

ロードバイクは大量の汗をかきます。夏場だけではなく、冬場も意外と汗をかくので、スマホが濡れることもしばしば。汗程度では簡単にスマホは壊れないと思いますが、夏場などは暑さ対策として、水を頭から被って体を冷やすこともあります。

その時にスマホの存在を忘れていると・・・後で後悔することに。

対策としては、ジップロックなどに入れておくなどもありますが意外とこれは面倒です。ジップロックなどに入れると指紋認証が使えない。顔認証もサングラスを掛けているのでサングラスを取る煩わしさがあります。

その点OPPO RENO Aは防水機能がIP67。防水レベルとしては、『一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない』とのことなのでロードバイクで水を頭から被っても全然平気な防水レベルと言えるでしょう。

④コストパフォーマンス

ロードバイクはパーツ代やウエア代など何かとお金が掛かります。それ以外のものはなるべく節約したいので、コスパは重要な要素。ハイエンドのスマホとまでは行きませんが、ストレスなく使えるレベルで3万円台なのはなかなかだと思います。

楽天市場で購入すれば128GBの物が39,380円なのでよりお得かもしれません。

まとめ

3万円台後半と格安スマホの中では少し高めのOPPO RENO A。しかし、機能はお値段以上で、サクサク動いて、写真もきれいで、防水機能付き、そしておサイフケータイも付いている!サイクリストにはうれしい機能があって、コスパもいいので買って良かったと思っています。5Gが出てもすぐには、買えないでしょうから2年程度は使おうと思っています。

ちなみに、楽天市場ならストレージが128GBなので、沢山写真をとっても余裕です。なので購入するなら楽天がおすすめですね。

 

ABOUT ME
ご~さ
1974年生まれ。40歳間際からロードバイクに目覚めて、メタボ体型を脱却。ロードバイクの情報や日々の生活についてあれこれ書いていこうと思います。