防寒対策

使ってみたら快適だった!レッグ&アームウォーマ【冬のロードバイク】

12月~2月の寒い時期はロードバイクにとっては、防寒対策は必須です。

頭が痛いのは、冬用のジャージやビブタイツは結構なお値段がします。そのため、何着も買うのは中々財布事情が厳しいところ。

尚且つ、土日で乗るには、1着だと洗濯が間に合わないという問題も。

安くてそこそこの防寒対策として、今まで使ったことがなかったレッグウォーマとアームウォーマを使ってみたら、意外と快適だったという記事となります。

使ってみたら快適だったポイント3選

実際に使ってみた感想です。

それでは実際の使用感などレビューしていきます。

どんな感じで着るのか?コスパ面では優秀!

気温に合わせて変えますが、以下のような服装が多いです。

  • アームウォーマ、レッグウォーマ
  • 夏用のビブタイツ・ジャージ
  • アンダーシャツ(メッシュ)
  • ジレ
  • ウインドブレーカ(薄いもの)
  • ネックウォーマ、イヤーウォーマ
  • つま先カバー&シューズカバー

ポイントは、冬用で着るのはアンダーラインのものだけになります。他は1年中使うものだけなので、冬用はプラスαと言った感じです。そのため、非常にコスパは良いと思います。

冬用ジャージを着るほど寒くない場合、日中の日が差している時であれば十分この服装でも対応可能です。目安としては、日中であれば7℃程度までならこれで何とかなります。

快適な点 汗冷えが改善

寒い時期は、厚着をしがち。

冬用ジャージなどでしっかり防寒しライドに出かけます。

最初のうちは良いものの、

太陽が出てきたり、坂などで強度が高くなると暑くなる。

なので、汗をかく。

下りやペースを落とすと強度が下がると掻いた汗が冷えて寒くなる。

といった悪循環になってしまいがち。

一方、アームウォーマ、レッグウォーマだと、最初こそ寒いものの汗をかきやすいワキ部分が、カバーされていない分、極端に汗がでることが少ないです。

かといって寒すぎることもありません。(あくまでも7℃ぐらいまでですが・・)

5℃以下の寒い時期に走らなければ、このスタイルって意外と快適だと正直思いました。

冬用ジャージに比べてコスパが良い

冬用ジャージは1万円以上するものがほとんど。ビブタイツも含めると2万円近くに何着も揃えるとそこそこのお値段になってしまいます。でも。土日連続でなる場合などは最低でも2着は欲しい。

アームウォーマ、レッグウォーマならパールイズミの7~8千円で購入可能。筆者が使用しているのは中華製のもっと安いものです。

番外編 トレッキングにも最適

冬の寒い時期や、雪などが悪天候の場合は、寒すぎて自転車に乗ること自体少なくなってしまいがち。乗っても、1時間も乗ると寒すぎて引き返してしまいます。筆者の場合は、寒いのが苦手なのもあるのですが・・

そんな時は、近くの里山まで自転車で行き、そこからトレッキングして体力維持やダイエットに励んでいます。そんな時は、アームカバーやレッグウォーマーのスタイルが最適。

冬の里山は、ぬかるみがあったりかなり汚れます。そんなところを高い冬用ジャージでは、行くのは気が引けますが、安いアームカバーやレッグウォーマーなら気兼ねなくトレッキングできる点も意外とよいですね。

トレッキングなら、4時間程度運動も寒すぎず運動できるので、真冬のロードバイクより長時間楽しめます。

電熱ソックスで冬のライドも快適に!末端冷え性にはマジでおすすめ! インドアよりアウトドアが圧倒的に楽しいと感じる筆者ですが、冬場のロードバイクは流石に苦行です。 特に末端冷え性のため、特に足先が...

ABOUT ME
ご~さ
1974年生まれ。40歳間際からロードバイクに目覚めて、メタボ体型を脱却。 最近では草レースにも参戦し、エンデューロレースでは上位入賞も。ロードバイクに関する情報やアイテムなどのレビュー、おすすめグッズなど紹介していきます。