チェーン

【ロードバイク チェーンの交換】どれほどパワーロス低減できるか?

ロードバイクは当たり前ですが、ペダルを漕いだ力をホイールへ伝えて進む乗り物です。

力を伝達するのに使用されるのがチェーンとスプロケットになります。このチェーンが摩耗したり、伸びたりするとフリクションロスが大きくなったり、変速性能が悪くなったりします。

交換の目安は、メンテナンス状況により変わりますが、細目にメンテナンスをしていれば大体5000㎞前後です。

今回は、5000㎞オーバーしたチェーンの状態の確認、交換のポイント、そして気になるチェーンを交換したら走りが軽くなったと言うような話も聞くので実際どれくらいパワーロスが低減できたのか検証結果も紹介しています。

交換前のチェーンの状態

約5000キロ走ったチェーンの状態。チェーンチェッカーで測ると1%以上の伸び。

関連記事➤【ロードバイク】チェーンの伸びをチェーンチェッカーで確認!

1%以上の伸びているチェーン

チェーンリング上で引っ張ってみると、結構ひどい状態ですね。

チェーンリング上でチェック

チェーンは徐々に伸びるので実走では劣化に気が付きにくいですが、ここまで伸びてくるとチェーンより高価なチェーンリングやリアスプロケットの摩耗を加速させるので早めに交換した方がいいですね。

チェーンの交換方法

チェーンの交換手順は

  1. チェーンの長さを確認しておく。
  2. 古いチェーンをチェーンカッターを使用し取り外す
  3. 古いチェーンの長さに合わせて、新品のチェーンの長さを調整
  4. チェーンを取り付けて、コネクティングピンを取り付ける。

使用する部品&工具

使用するチェーンはデュラエースのチェーン。最新のものはミッシングリンク付きですが、この記事で紹介するのは、コネクティングピンタイプのものです。チェーンは若干高いですが、やはりデュラエースがお勧めです。105との価格差は定価で1800円です。1年間5000キロ走ったとしても、月々にすれば微々たるものです。

 

 

基本お店で購入したロードバイクで、スプロケットなど変更していない場合は、古いチェーンのリンク数と合わせて新しいチェーンを取り付ければ問題ないです。チェーンの長さがあっているのか確認するために、フロント、リア共にトップギヤとして、スプロケ、ガイドプーリー、テンションプーリーが地面から垂直であることを確認しておきます。

出典:シマノHPより

垂直でない場合、古いチェーンのコマ数を基準に調整しましょう。上の図で90度より大きい場合は、チェーンが短いのでリンク数を増やしましょう。

チェーンカッターを使って、古いチェーンをカットしてします。写真の様にチェーンカッターにチェーンを挟んで、ハンドルを回しピンを抜きます。

チェーンカッターで古いチェーンを取り外す。

チェーンが外れたら、せっかくなのでチェーンリングや、プーリーを掃除しておきましょう!チェーンがないのでとっても掃除し易いです。

並べてみると、結構伸びているのが分かる!

③チェーンの長さ調整

スポンサーリンク

①でチェーンの長さがあっている場合、ショップで調整してもらった状態である場合は、古いチェーンと同じリンク数となる様にチェーンをチェーンカッターでカットします。

④チェーンの取り付け

チェーンの取り付けで注意するのはコネクティングピンをチェーン進行方向の前側の穴にセットすること。チェーンの強度が増して切れにくくなるそうです。

出典:シマノHPより

 

チェーンを通して、コネクティングピンを指して、チェーンカッターで差し込みます。表面がアウタープレートと面一とになるまで差し込みます。

差し込んだ後は、余分な部分を追って完了です。

チェーンリングのところでチェーンを引っ張ると、交換前と比べて隙間が全然違います!

新品と5000㎞走行したチェーンの比較

交換後は、音が静かになったのを感じます。変速もスムーズに感じます。

チェーン交換でフリクションロスが低減するか?

チェーンを交換した直後は、スムーズな変速、音が小さくなったことがすぐに分かります。ただし、自転車が軽くなったかどうかは微妙な感じです。

実際にどれくらいパワーロスが低減されたのか、三本ローラとパワーメータを使って比べてみました。

測定方法

調査の方法は、三本ローラの上で時速30㎞/hで走った時のパワーを、チェーン交換前後で比較してみました。空気圧は7barで測定しています。

三本ローラとパワーメータでチェーンの交換前後を比較

測定結果

測定の結果は、新品に交換することで3W減となりました。ちょっとビミョーな数字ですが、チェーン交換の効果は確認できました。

ちなみに5000㎞走ったチェーンも200㎞毎にメンテをしていたので、状態は悪くなかったのも影響しているかもしれません。

チェーン交換前後のパワー比較

まとめ

チェーン交換自体はそんなに難しい作業ではないのですが、きちんと作業しないとチェーンが切れたりすると結構危険です。自信が無い方は、ショップにお願いして交換しましょう。

新品のチェーンに交換した直後は、やはりライドが楽しいです。変速もスムーズですし、音が静かになるのは気持ちがいいです。しかも僅かですが、確実にフリクションロスも低減できます。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ご~さ
1974年生まれ。40歳間際からロードバイクに目覚めて、メタボ体型を脱却。ロードバイクの情報や日々の生活についてあれこれ書いていこうと思います。