サイコン

ロードバイク ナビマップ作成【Ride with GPS】使用法

ロードバイクで見知らぬ土地やコースを走る場合に困るのが道に迷うこと。

スマホがあるれば、グーグルマップなどで調べることは可能ですが、これって案外面倒なんですよね。止まって、スマホを出して、グローブ外してなんてちょっと面倒ですよね。

そもそもスマホのバッテリーの問題もあるので、できればサイコンで表示してくれるのがベスト。ナビ付のサイコンなら目的地を設定してルート検索してくれますが、なかなかのお値段がします。(GARMIN  Edge 1030ならセットで9万円近く( ゚Д゚)!)

でもルート検索はないがナビ機能があるサイコンは例えばガーミンエッジ520やパイオニアのSGX-CA600など3万円台のサイコンでも可能です。

ただし、ルートは事前に作成してデータを送る必要があります。

今回はこのナビ用のルート作成を『Ride with GPS』を使った方法を紹介していきます。『Ride with GPS』はパイオニアのSGX-CA600とは特に相性が良く、自動でサイコンへ天転送してくれますので、SGX-CA600ユーザーなら参考になると思います。

関連記事:SGX-CA600のナビ機能レビュー!ロングライドやイベントに◎

ロードバイク ナビ用マップ作成【Ride with GPS】

ルート作成の手順は、全部で6つ。

  1. Ride with GPSでアカウント登録
  2. ルート作成前の事前設定
  3. ルート作成(スタート地点➡目的地➡経由地➡ゴール)
  4. 転送

ルートはサイクリングロードの整備が進んでいるしまなみ海道を例題に、パソコンを使用したルート作成を説明します。

①Ride with GPSでアカウント登録

まずは、Ride with GPSのサイトに行き、アカウント登録をします。アカウント登録はメールかfacabookで登録可能です。

『Ride with GPS』のサイトでSign Upからアカウント登録

メールアドレスかFacebookで登録

②ルート作成前の事前設定

ログインしたら『Route Planner』を選択し、ルートを作成していきます。

 

Route Plannerを選択し、ルートを作成する。

まず、ルート作成前に事前設定をしていきます。

ここがポイント!

ルート作成画面に移ったら、まず地図の表示を変更します。デフォルトでは、サイクリングロードの表示がないので、『地図』⇒『OSM Cycle』に変更します。そうするとサイクリングロードが表示されます。

地図の表示をOSM Cycleに変更

OSM Cycleに変更するとサイクリングロードが表示される。

次に右下の『Optimize for』の設定を『Cyclingに変更します。これで自転車に最適なルート作成が行えます。(多少手直しが必要になりますが)次に距離の表示をキロ表示変更します。

距離の表示が最初はft表示になっているのでキロ表示に変更します。

「Options」の「Units」を「Metric(m/km)」に変更

これで初期設定は完了です。

③ルート作成(スタート地点➡目的地経由地ゴール)

スポンサーリンク

それではルートを作っていきます。

まず、スタート地点を決めます。ここでは、向島のフェリー乗り場付近をスタートとします。マップ上でスタート地点をクリックしてもいいですし、画面右上の「Jump to a location」へ直接入力してもOKです。日本語でも郵便局番号でも可能です。

Jump to a location』へ向島フェリーと入力しYesを選択

スタート地点が設定される。

次に目的地を設定します。再び「Jump to a location」へ来島海峡展望館と入力します。

これで、『向島フェリー』から『来島海峡展望館』へのルートを作成してくれます。このままでもいいですが、ルートを見ると何か所かサイクリングロードを外れているところがあるので修正していきます。

ルート修正は簡単で、ルート上の赤い線にマウスを合わせると、手のマークが表示されるのでクリックしながら修正したいルート上にドラッグします。そうするとルートが修正されます。

ルートの修正は修正したいルートをドラッグして修正!

サイクリングロードが表示してあるので、修正は非常に簡単です。

次に、経由地点と帰りのルートの設定をして行きます。経由地点として、眺望が綺麗な亀老山を設定します。マップ上で選択してもいいですし、「Jump to a location」へ入力してもOKです。

ちなみにマップの下の方に高低差を表示してくれるので、どれくらい上るのか?また斜度はいくらかなどの情報もここでわかります。

経由地点を設定

同じように、経由地点を追加しながらルートを設定します。

ルートの設定が完了したら、SAVEをクリックして、名前を付けて保全してコースの作成は完了です。

 
SAVEを選択し、名前を付けて完成!

データの転送(GARMIN 520J)

ガーミン520Jへデータを転送する場合は、まず、コースのFITファイルをPCにダウンロードして、PCとガーミン520Jを接続し転送します。

ガーミンの場合、日本語は対応していないようなので、ローマ字でコース名を保存しておかないと表示されません。

作成したコースを開きfit形式のファイルをダウンロードする。

続いて、ガーミンとPCをUSBケーブルで接続し、先ほどのfit形式のファイルをガーミンへ転送します。

転送先:\Garmin\Courses

後はガーミン本体でコースが選択できるようになります。

ガーミン520Jでコース表示させたもの

データの転送(Pionner SGX-CA600)

パイオニアのSGX-CA600の場合は、Ride with GPSとCyclo-Sphere Controlを連動させておけば、スマホでアプリ起動させSGX-CA600と連動させるだけでコースが転送されます。

出典:http://pioneer-cyclesports.com/jp/support/products/manual/SGX-CA600_connect_strava.pdf

まとめ

ルート作成は有名なサイトだとルートラボがありますが、ちょっと使った感じだとこのRide with GPSの方がGoogleマップをベースに操作が出来るので操作性や速度は断然上だと感じます。

特に、『OSM Cycle』のマップはロードバイク乗りには非常に使い易いと感じます。英語のみの表示が難点ですが、Google chromeを使用するれば自動翻訳してくれるので違和感なく使用できます。

事前にルート作成するのが面倒と感じるかも知れませんが、サイコンであれこれ設定するよりも、パソコンで行きたいところの情報収集しながらルート作成するほうがプランを立てやすく感じます。

ロングライドや遠征するときは、ナビ機能があるとないとでは大きな差がでます。スマホを出さずにコースが分かると、止まらずに走れるのは想像以上に快適です。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ご~さ
1974年生まれ。40歳間際からロードバイクに目覚めて、メタボ体型を脱却。ロードバイクの情報や日々の生活についてあれこれ書いていこうと思います。