スピードプレイ

【スピードプレイ】プレートの寿命のためチタンプレートへ交換

ロードバイクを始めた7年前からずっとスピードプレイを使用しています。そのため、プレート部が摩耗しており、ダンシング時に、たまにクリートが外れて怖い思いをすることが数回ありました。

と言うことで、新しいペダルを購入しようとおもいましたが、AMAZONでプレートのみ販売しているではありませんか!

しかもチタン!交換ついでに軽量化もできるので一石二鳥。

この記事では、どのくらいの軽量化になったのか?また、交換後のクリートのはまり具合や、固定の感じについてレビューしています。

7年間使用したプレートの摩耗具合

まずは、7年間使用したスピードプレイのプレート部の状態です。上から見ると摩耗はわかりません。

まずは、ねじを外してみると、

ねじを2本外すと簡単にプレートが外れます。

取り外したプレートを、裏返してみると、かなりの摩耗がみられます。

シューズ側のクリートが丁度あたる部分が、摩耗しているのでが分かります。

これだけ摩耗していると、力の掛かる方向によっては、外れ易くなっていたのかもしれません。

ダンシング時にクリートが外れると、バランスを崩し最悪落車に至ることもあるので、細目に換えた方が良いのかもしれません。

スピードプレイを使用している人は年に1度は確認したほうが良いかも。

チタンプレートに交換で16gの軽量化

今回交換したのは、チタンプレートとチタンボルトです。結果としては、左右両側で16gの軽量化につながりました。

回転部分の軽量化は、より軽量化の効果が出やすいですが、如何せん16gだとほぼ分からない重さですね。

チタンシャフト化では、左右両方で58gの軽量化ができたので、合わせて、74gの軽量化となりました。クロモリシャフトと比較すると、

220g⇒146g(左右両方)となりました。

取り付け後↓

シャフト、プレート、ボルトがチタンとなりました。

リフレッシュも兼ねて軽量化にもつながり、見た目も良くなりました。完全な自己満ですね。

スピードプレイ 社外チタンシャフト化で軽量化! ビンディングペダルは、初心者の半年間を除くと7年近くスピードプレイを愛用しています。 スピードプレイは、グレードにより、シャフト...

交換後のインプレ

交換直後に感じたのは、クリートの入り難さ。

しかし、数回入れる、外すを繰り返すと馴染んできた様子。

新品に交換したことで、クリートがしっかり固定されている感じが伝わってきました。

当然、ダンシングも安心して行うことができました。

一方軽量化の効果は、まったく感じません。と言うのも、この記事を書いている1月末は寒いので、シューズカバーや電熱ヒータ入りのソックスなど重装備なので、軽量化の効果は全く分かるはずもなく。

後は、プレートの耐久性をウォッチしていきます。基本的に、標準はステンレス鋼だと思われるので、チタンの方が耐久性はあるはず。1年後にどれくらい摩耗したのか確認したいと思います。

ABOUT ME
ご~さ
1974年生まれ。40歳間際からロードバイクに目覚めて、メタボ体型を脱却。 最近では草レースにも参戦し、エンデューロレースでは上位入賞も。ロードバイクに関する情報やアイテムなどのレビュー、おすすめグッズなど紹介していきます。