機材・アイテム紹介

【ロードバイク】冬のウエアはインナーで汗冷え対策が重要!?

冬の防寒対策は、ジャケットやグローブ、シューズカバーを気にすることが多いです。当然と言えば当然ですよね。風を遮るものが無ければ、真冬にロードバイクを走らせることはできません。

でも真冬と言えども、日が差している時や、斜度がきつい上り坂を上る場合、向かい風の場合など結構汗を掻きます。

この汗が大敵で、上り坂で汗を掻いて、ピークからの下りで汗が冷えて体が冷えてしまうパターンです。一度、体が冷えてしまうと体が動きずらくなりますます寒くなるパターンが一番最悪なケースです。

発汗性良いウエアを着ていても、大量に掻いた汗はそう簡単に蒸発してくれません。

そんな真冬でいろいろ試した中でおすすめのインナーを紹介します。

冬のウエアはインナーで汗冷え対策が重要!?

冬の間には特におすすめなのが、メッシュ上のインナーです。見た目は、スケスケのセクシーウエアですが、これを切るだけで、汗がびちょびちょになって体が冷えるのを防いでくれます。

効果としては、体表面の汗を素早く吸収し、インナーの上に来たレイヤーへ汗を運び汗を掻拡散してくれます。メッシュには厚みがあるのでその上に来ている濡れたレイヤーが直接肌に触れないので体の冷えを防いでくれます。

↓ イメージ図(下手くそすぎてすみません。) ↓

↓ ミレーのHPより ↓

恐らく一番評判が良いのはミレーのドライナミックメッシュだと思います。仲間内でも着ている人が多いですね。

着てみた感じは、ほんとに汗でびちょびちょになる感じが随分と軽減されます。特に2時間以上のロングライドの時はその効果は絶大です。体が汗で冷えにくいので、パフォーマンスが落ちにくいため、冬のトレーニングには欠かせません。

またこの上に、速乾性に優れているモンベルのジオラインなどを着るとベストかなぁと思います。

ミレーは少し高いのが欠点。wiggleなどで買い物する際に、ついでに購入するのがお勧めです。

例えばwiggleなら、

dhb – 軽量メッシュ半袖ベースレイヤー
 

汗で体が冷えると?

ロードバイクで走っている時はどうしても大量の汗をかきます。冬はジャケットを着ているので、ジャケット内で汗が濡れたまま残ってしまいます。

上りから平地や下りになると、どうしてもパワーは落ちる(エネルギーを使わない)ので、汗が冷えて体温も下がってきます。

体温が下がると、体も動きにくくなり体力も消耗してしまいます。体力が消耗すると、パワーも出せず、また体温が下がる悪循環となります。特に冬は、一度悪循環に入ると、止まって休憩したとしても体温は上がりにくいです。

そのため、長時間の練習をする場合は体温を下げない工夫が必要です。

まとめ

体を冷やさないためにも、汗冷え対策としてインナーは重要です。一度メッシュインナーを着用すると手放せなくなるほど快適です。

汗で体が冷えてくると、安全面でもよろしくないので、短時間の練習とするか、室内でのトレーニングを増やすか、外で練習するならそれ何の対策をして練習に励みましょう!

 

 

 

 

ABOUT ME
ご~さ
1974年生まれ。40歳間際からロードバイクに目覚めて、メタボ体型を脱却。ロードバイクの情報や日々の生活についてあれこれ書いていこうと思います。