機材・アイテム紹介

【ロードバイク グローブ】3シーズン使えるフルフィンガータイプ

日差しが強い日に長時間のライドに出かけるときに、日焼け対策は欠かせません。顔や首にはしっかり日焼け止めを塗って、腕や足にはアームカバーやレッグカバーなど対策品があります。

でも、忘れがちなので指先や、手首部分。当然グローブをしているのですが、指先と手区部部分は隠れないものが多いです。

そのため、時計の後や、指先だけ日焼けするなんてことも。。。

この日焼けが結構恥ずかしい。指先だけ汚れているように見えるので、不衛生にも見えます。

そんな悩みを解決できるうえに、3シーズン使える優れもののグローブを紹介します。

3シーズン使えるフルフィンガータイプ

一般的なグローブは指先がないタイプのもですが、指先まであるフルフィンガータイプのものも少ないですが、販売されています。

いま使用しているのが、パールイズミUVフルフィンガーグローブです。ここのUVフルフィンガーグローブのを使用した感想をまとめると、

UVフルフィンガーグローブのレビュー
  1. なんといっても恥ずかしい日焼けをしなくなる!
  2. メッシュのお蔭で以外と夏でも涼しい!
  3. 指先と手の平の滑り止めで、シフトタッチも抜群
  4. スマホも操作可能
  5. 15℃以上なら使える!3シーズンこれでOK

それでは詳しくレビューを紹介していきます。

日焼けを防ぐ、UV素材。手首の部分までカバー!

手首もまでしっかりカバーできるように、通常のグローブと比較すると、長めに作られていることがわかります。当然、指先もあるフルフィンガータイプとなっています。

紫外線対策のUVカットの性能はUPF値が50+!。一般的な紫外線対策として、UPF50+あれば充分効果があります。

ここがポイント!

そのため、このグローブをしておけば指先から手首までしっかり隠れて、日焼け対策ばっちりです。また、時計もスッポリ入るので、時計の所だけ日焼けをしないなんてこともありません。

真夏でも使用可能なメッシュ

いかにも真夏は暑そうなイメージですが、快適までは行かないまでもメッシュ手のひらはメッシュ構造になっているので通気性は十分です。たまに、メッシュに風が通る様に手のひらを広げるとかなり涼しいです。手の甲は薄手のストレッチ素材になっているので蒸れることはありませんが、メッシュタイプのグローブほど涼しくはありません。でも直射日光が当たらない分、暑くはなりにくいです。

指先と手の平の滑り止めで、シフトタッチも抜群

↓ 実際に握っているところ ↓

指先が出ていないので、シフトチェンジはグローブ越しで行うことになりますが、指先に施してあるので、シフトチェンジも滑ることなく操作できます。

手の平にも滑り止めが付いているのでハンドルを握っているときも、滑る心配はありません。

スマホを操作できる

親指と人差し指の先端には、タッチパネル対応となっているので手袋を外さずにスマホが操作できます。そのために、いちいちスマホを操作するために、グローブを外す必要はありません。

ただし、指紋認証のスマホを使っていると、パスワードを入力する手間が増えるので少しマイナス点です。顔認証ならいいのですが、サングラスを掛けていると顔認証しないことが多いので、どっちにしろ少し面倒な点もあります。

以外に便利!

15℃以上なら使える!3シーズンこれでOK

春先のまだ肌寒い時期や秋が深まった時期などはグローブの選択に少し迷いますが、このフルフィンガータイプだと、15℃程度なら全然余裕です。むしろ快適ですね。10℃ぐらいでも、ちょっと寒いかな程度なので、指先が冷えやすい方以外ならこれで3シーズン使えます。なので意外と活躍する期間が長いです。

まとめ

UVフルフィンガーグローブのレビュー
  1. なんといっても恥ずかしい日焼けをしなくなる!
  2. メッシュのお蔭で以外と夏でも涼しい!
  3. 指先と手の平の滑り止めで、シフトタッチも抜群
  4. スマホも操作可能
  5. 15℃以上なら使える!3シーズンこれでOK

恥ずかしい日焼けをしなくて済むフルフィンガータイプのグローブですが、一度使うとこればっかりになってしまいます。

買い物でも手先が汚いく見えるとちょっと気が引けたりするので、指先の日焼け対策は必須だと思います。

3シーズン使用できるのもうれしいところです。

スマホも使えるので、手袋をいちいち外さなくてすみますし、仕事で接客業や営業をしている方には特におすすめですよ

 

 

ABOUT ME
ご~さ
1974年生まれ。40歳間際からロードバイクに目覚めて、メタボ体型を脱却。ロードバイクの情報や日々の生活についてあれこれ書いていこうと思います。